Weekly Obsession: Bridging the restaurant gap

Sunday, November 13, 2011 at 10:05pm

Back before the Titans started doing whatever it is they do — ostensibly it is “football,” but sometimes we wonder — the most exciting thing going on the East Bank was watching the barges get launched.

It was beautiful in that Industrial Age way: metric tons of steel, utilitarian monuments to American labor and naked capitalism. Slowly at first, the cables loosening and then faster, faster toward the waterline, splashing down, a wave erupting and the barge righting itself on its well-worked keel.

There are overhead shots from the glory days of the Nashville Wharf, barges lined up in perfect rows on the shore, readying for their maiden voyage.

Those days are over, of course. The only brutal, efficient beauty on the East Bank now is the Titans rushing game (when it works). The Nashville Bridge Company (NaBriCo) is gone, its launching spectacle a thing of sepia-toned photographs.

But the skeleton of NaBriCo’s headquarters still remains. Three buildings in one, flush against the walking bridge.

It will dominate the new Adventure Play Park, the linchpin of the riverfront development plan.

The rehab of NaBriCo was always intended to transform the old building for future use as Parks Department offices with restrooms and a snack bar for the play park. But last week, another new use was announced: a “locally owned, Nashville flavored restaurant with space for live music acts,” according to MDHA.

Dining options in the area are sorely needed, so this is a welcome addition. And perhaps the Unnamed Eatery will draw office dwellers across the bridge, encourage some pedestrian activity and get the mayor off our back about exercising.

Other than the revelation that live music will be on the agenda, not much else is out there about this new restaurant. What will it serve? How much will it cost? Will there be three vegetables with every meat?

It will certainly have quite a view: an unencumbered look across the Cumberland to Nashville’s skyline, regarded as one of the best vistas in the city — a panoramic picture of modern Nashville from inside a century-old cenotaph marking its past.    

2 Comments on this post:

By: tgs on 11/18/11 at 7:03

1941年、コーチ アウトレットアメリカはニューヨークのマンハッタンにてマイルス・カーンコーチバッグ激安、リリアン・カーン夫妻達の皮革職人による家族経営がCOACH アウトレットの始まりです。もともとは丈夫な野球のグローブを参考にカバンを作成していたので、激安コーチバック 使えば使うほど味の出る皮(レザー)コーチ バッグを主な商品としていましたが、元トミー・ヒルフィガーでデザインコーチ 財布 激安 やマーケティングを担当していたリード・クラッコフを迎え、コーチ トートバッグ実用性のみならずファッション性の高い製品へと近年変貌を遂げました。コーチ ハンドバッグ今ではすっかり定番となった、「シグネチャー」シリーズの登場により、コーチ ポピーバッグ売り上げを伸ばし続けている老若男女問わず愛されているブランドですコーチ 時計。COACH製品は高い技術で製造され、コーチ サングラス素材にもこだわり、サイズ、形、ポケット、コーチ ショルダーバッグストラップは機能性を十分に考え綿密に計算され、コーチ レザーバッグ内側のポケットなどの内装部分も一貫性を保つためすべて同じ皮で作られますコーチ 財布。以前はNYキャリアウーマンの代名詞でしたがコーチ 長財布、最近日本の女性にに大人気のコーチ ブレスレット。渋谷のフラッグシップショップなどコーチ ベルト、日本市場の好調を受け、 コーチ バッグ アウトレット 大幅増益が見込まれていますコーチ店舗

By: tgs on 11/18/11 at 7:03

トリーバーチは、アメリカの人気女性デザイナーで、トリーバーチ アウトレット2004年2月にアメリカ・ニューヨークのトリーバーチ靴ノリータ地区にフラッグショップ"Tory Burch"をオープンしました。トリーバーチ バッグその後瞬く間にハリウッドスターをはじめ多くセレブから熱い支持を受け、トリーバーチ 通販今や全世界の幅広い女性から注目を浴びています。トリーバーチ 財布(Tory Burch)は、世界のトップモデルやセレブな方たちがこぞって愛用しているトリーバーチ ハイヒールことでも有名で、その中でもトリーバーチ シューズ、サンダル、トリーバーチ トートバッグなどは、すでに日本でもトリーバーチ ショルダーバッグセレクトショップなどを中心に大人気になっています。トリーバーチ ベルト女性らしい華やかさを感じさせる色使いや光沢感を絶妙に醸し出していますトリーバーチ フラットシューズ。今、アメリカ中で大人気のトリーバーチ 店舗。パリス・ヒルトンや二コール・リッチー、リンジー・ローハンなど多数のセレブにも大人気で、トリーバーチ 激安日本でもじわじわと人気が出て来ています。トリーバーチ 靴 激安フラットシューズ人気の今、トリーバーチは見逃せないブランドです。